オンラインカジノ発展の歴史

話題となっているオンラインカジノ

オンラインカジノは、今全世界に愛好者が8千万人ほどいるといわれている、手軽なギャンブルとして知られています。
華やかなカジノの世界観をインターネット上で手軽に体験することが出来て、さらに実際にリアルマネーを賭けることが出来ます。手持ちのスマートフォンやタブレットでもいつでもログインをすることが出来て、自由にプレイをすることが出来ます。

全世界で親しまれているギャンブル

従来までのギャンブルとは違い、クオリティの高いカジノのギャンブルの世界を、インターネットのオンライン上で手軽に楽しめるようになったものがオンラインカジノです。日本国内ではそれほど馴染みはありませんが、全世界で親しまれているギャンブルの一つです。
海外旅行に行かずとも、無料で登録をして、いつでもはじめることが出来て、本場と同じような、スロットやルーレット、バカラやブラックジャック、ビデオポーカーなどの多彩なゲームを楽しむことが出来ます。
ゲームで勝利をすることで、勝ち金を得ることが出来ますし、負ければお金を失います。しかし、数千万円、数億円という金額が当たる可能性のあるのがオンラインカジノです。一夜にして、大金持ちになることもできるので、他のギャンブルとはその規模なども全く異なっています。

オンラインカジノの成り立ち・歴史とは?

オンラインカジノの成り立ち・歴史

元々、本場のラスベガスやマカオなどで知られているカジノに関しては古くからの歴史があり、大人たちの社交場として、また、誰しもが楽しめるギャンブルの場として親しまれてきました。

しかし、オンラインカジノとしてオンライン上で楽しめるようになったのが、1994年頃のことになります。この当時に、オンラインカジノに正式にライセンスを発行する旨の法律が可決され、それによってオンラインカジノ業界に参入する業者が次々と名乗りを上げました。マイクロゲーミング社など、今では老舗の大手のソフトウェア会社として知られるソフトウェア会社なども、オンラインカジノ業界に参入することになり、ソフトウェアを提供し続けています。
さらに、1999年には、マルチプレイヤーシステムなど、他のプレイヤーと同じテーブルで対戦をすることが出来るようなシステムが出来上がり、現在では、ライブカジノなど、実際にディーラーと交流をしながら対戦をすることが出来る、システムなども搭載されています。

オンラインカジノは、インターネットが普及するともに全世界でプレイヤーの数が増え続けており、優良企業がオンラインカジノの運営に乗り出しています。その多くの企業がスポーツチームのスポンサーを務めていたり、有名ゲームとタイアップをしていたりと、優良企業であり、オンラインカジノは一大エンターテイメントの一つとして、認識されています。

オンラインカジノの構成・その仕組み

オンラインカジノの構成ですが、オンラインカジノの運営業者が全てを運営しているというわけではありません。プログラムなどを運営しているのは、オンラインカジノの運営業者となりますが、肝心のゲームのソフトウェアなどを提供しているのは、マイクロゲーミング社、プレイテック社などと行った、ソフトウェア会社となっています。

そしてオンラインカジノに欠かせないのが、決済機関の存在です。オンラインカジノは、入出金を行うため、オンライン上での決済が必要です。これらの決済の管理をしているのが、決済会社であり、オンラインカジノとプレイヤーの間に立ち、お金の流れなどを管理しています。
さらに、オンラインカジノは、ライセンスを取得しなければ運営をすることが出来ませんが、その後の不正などもなくすため、第三者機関の存在があります。
監査機関によって、オンラインカジノは、不正がないか、プログラムが公平なのか、支払いやサポートはしっかりとしているのかなど、厳しい基準で監査を行っています。

このように、さまざまな企業によってオンラインカジノは構成されているのが特徴となっています。

オンラインカジノと他のギャンブルの違いは?

オンラインカジノと他のギャンブルの違いとして、オンラインカジノは、海外の業者が運営をしており、日本の業者が運営をしているわけではありません。合法とされている国で、ライセンスが発行され、許可を受けた後にお墨付きで運営されています。
しかし、日本人プレイヤーも、日本語対応サイトがたくさんありますので、問題なく遊ぶことが出来ます。

還元率が高く勝ちやすいギャンブル

オンラインカジノと他のギャンブルの違いですが、大きな違いとして、店舗を持たないという違いがあります。オンラインカジノは店舗を持たずテナント料や人件費などもかからないので、それだけ還元率が高く、勝ちやすいギャンブルとなっています。そのペイアウト率は97~98%程度に保たれており、さらにライセンス制度や第三者機関の存在によって、公平性と安全性などが確立されているというのも大きな違いであり特徴となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です